国公立大学センター試験英語リスニング

スポンサードリンク

大学センター試験では、英語のリスニングが30分行われます。
第一日目、英語の筆記試験(80分)が終わり、最後の時間に英語のリスニングが行われますね。 終了時間が夕方6時30頃になります。体力的にも疲労が出てきている頃に、リスニングの試験。 これって、けっこうきついですよね。

リスニングは、聞き直しができません。相当な集中力が必要です。 ちょっとした外部の音に気を取られたら、おしまいです。 聞き逃した部分をもう一度聞くことができないんです。
集中力を養うという点からも、リスニングに対しては、かなり準備が必要です。 英語耳になれるように、事前にしっかり準備をしておきましょう。

オススメ、リスニングトレーニング法

15万人が受講した「スーパーエルマー」でリスニング満点!


英語のリスニングテストは、実際にはどのように行われるのでしょうか。

受験生一人一人に、このようなICプレーヤーとイヤホン、音声メモリーが渡されます。
これは、2008年の試験に使用されたものなので、2008と記載されています。



これらを次のようにセットします。音声メモリーは、最後までしっかり差し込みましょう。
この段階では、半分しか入っていませんから、気をつけましょう。



このように、音声メモリーは、しっかり差し込みましょう。




操作方法です。

1.1、電源と書かれているところの緑のボタンを押します。
  電源が入ると、このようにランプがつきます。ランプがついているかどうかをしっかり確かめしょう。



2.次に2、確認と書かれているところの黄色のボタンを押します。
  そうすると、イヤホンから説明の音声が流れます。ここで、音声が聞き取れるか確認します。
  音量のつまみを回して、聞きやすい音量に調節をしましょう。

3.準備が整ったら、3、再生の赤いボタンを長押しします。
  すぐ指を離すと、再生されませんので、5秒くらい長く押していましょう。
  作動中のランプが赤くつきます。
  そうすると、問題文が開始されます。



もし、まちがって、途中で、音声メモリーをぬいてしまったりすると、 音声がとまり、再生中のランプがずっと点滅します。
こうなってしまったら、再試験になってしまいます。
速やかに手をあげて、試験管に伝えましょう。

一度、再生のボタンを押すと、聞きなおしはできませんから、 しっかり耳を集中させて、問題文を聞きましょう。

決して、難しい文章ではありません。 英語検定準2級程の内容で、会話文の速さも普通です。 しっかり聞き取れたら、高得点は誰でも取れる内容です。
リスニングの耳をしっかり鍛えて、落ち着いて、リスニングの試験に臨みましょう。

毎日1分英字新聞プレミアム
1冊丸ごと音声ダウンロードできます!英語耳になろう!

ipodにダウンロード、どこでも英語リスニングできる



MENU

Copyright (C)英語〜バイリンガルへGO! . All Rights Reserved.