英語 Baby ベビーサイン

ベビーサインってなぁに?

スポンサードリンク

ベビーサインを使って、英語で、赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう。

言語とサインが両方一緒に使って、ベビーサインです。 育児の中で、親が赤ちゃんの様子を見ながらサインを行います。 ベビーサインはサインだけでコミュニケーションすることではなく、親が赤ちゃんに言葉をかけながら、 サインで示すことで、赤ちゃんがサインの意味を認識していきます。

最近の米国の研究発表では、生後6ヶ月を過ぎた赤ちゃんが発するサインやジャスチャーを親が理解し行動してあげることにより、 赤ちゃんの要求を理解してもらえないフラストレーションが劇的に減るという報告もされています。 米国では10人に1人のお母さんがベビーサインを学び実践しているのが現状です。

0歳からでもはじめられるコミュニケーション手法として、 益々ベビーサインの必要性を認識し、保育園や育児相談などでベビーサインのセミナーが数多く開かれるようになりました。 ベビーサインは0歳からはじめられます。幼少期間であれば英語の複雑な音を聞き取る事ができます。 英語でベビーサインを行うことが、大きくなって国際人として飛躍的に成長できるきっかけを与えられると考えられます。 そんなベビーサインが、イングリッシュベビーサインです。

・イングリッシュベビーサイン協会

赤ちゃんのころから、自然に英語に触れさせることで、バイリンガルの耳が育ちますね。
これからは、英語は、絶対必要ならば、自然に生活の中で、バイリンガルに育てましょう。
バイリンガルに育てるためには、英語の絵本の読み聞かせも効果があります。 絵本の読み聞かせは、母国語である日本語の力の読書力を育てるためにも、ぜひ実践していただきたいことです。 読み聞かせをすることにより、親子のコミュニケーション、お子さんの心も育てていきます。

読み聞かせを実践して、お子さんを知能豊かに、バイリンガルに育てられているお母さんの体験は参考になりますよ。


成功する子育ては読み聞かせから「心を育てる読み聞かせ」



・「見る・聴く・遊ぶ」で家族一緒に遊びながら楽しめる「ディズニーの英語システム」

・0歳からの英語・知育教材

・「右脳の能力」を活性化・七田式トレーニング

自然に赤ちゃんの脳をトレーニング、生まれた時から、将来を見据えて、必要な時期に教育しましょう。



MENU

Copyright (C)英語〜バイリンガルへGO! . All Rights Reserved.